« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

アロマテラピー検定について

アロマテラピーとは、植物が生み出す芳香成分

(これを精油=エッセンシャルオイルといいます)を

利用して心や身体のトラブルを穏やかに癒し、

健康や美容に役立ててる自然療法です。

最近では、アロマテラピーを生活に取り入れる人が増えています。

アロマテラピーの仕事は、

アロマテラピートリートメントを行うサロン、

ショップの販売スタッフ、スクール講師、商品開発などがあります。

また地域のボランティア活動に参加するなどでも役立っているようです

資格を取ってみようかなとお考えの方は

アロマテラピー検定は次回11月になっていますから

今からでも間に合います

■試験の内容

2級

アロマテラピーを楽しみ、健康維持のために用いる知識

《出題範囲》

・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
・アロマテラピー利用法
・安全のための注意
・精油のプロフィール(対象10種類)
・精油の基礎知識
・アロマテラピーの歴史 など

《出題される精油》

イランイラン オレンジ・スイート ジュニパー 

ゼラニウム ティートリー ペパーミント 

ユーカリ ラベンダー レモン ローズマリー

1級

アロマテラピーを家族や周囲の人とともに楽しみ

健康維持のために用いる知識

《出題範囲》検定テキスト2級・1級

・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
・アロマテラピー利用法と基材
・精油のプロフィール(対象20種類)
・精油が働くしくみ
・ストレスや疲労に負けない健康学
・アロマテラピーに関係する法律 など

《出題される精油》

2級に加え以下の10種

カモミール・ローマン クラリセージ グレープフルーツ 

サンダルウッド ネロリ※ フランキンセンス ベルガモット 

スイートマージョラムレモングラス ローズオットー※

※香りテスト対象外

■その他の資格について

アロマテラピー検定1級合格の後

(社)日本アロマ環境協会の各種プロフェッショナルな資格

(アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、

アロマセラピスト) 取得に、つなげることができます。

《アロマテラピーアドバイザー》

販売に携わったり一般の人に、アロマテラピーを

アドバイスするために適した資格です。

1級合格後、アドバイザー講習を受講します。

《アロマテラピーインストラクター》

地域での文化教室や専門スクールの講師として

またはボランティア活動に携わるために適した資格です。

1次、2次試験あり2次試験は、スクールにおいて免除

《アロマセラピスト》

プロのアロマセラピスト、またはボランティアとして

第三者にアロマテラピーを実践するために適した資格です

1次、2次試験あり2次試験は、スクールにおいて免除

合格後、実技試験(アロマトリートメント)

 ボブリフレHP   ♪出張講習もいたします♪:

社)日本アロマ環境協会について詳しく知りたい方は

(社)日本アロマ環境協会 をみてください♪

これで合格! アロマテラピー検定1級・2級 テキスト&問題集 Book これで合格! アロマテラピー検定1級・2級 テキスト&問題集

著者:木田 順子
販売元:高橋書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まずはアロマテラピー検定1級を目指してみませんか?

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »